ハワイ旅行

子連れハワイ旅行記 荷物の中身と成田空港編

2019年10月。

2歳の息子と0歳の娘、というまだまだ小さい2人の子供を連れて、3泊5日でハワイ旅行に行ってきました。

成田空港発着のユナイテッド航空。宿泊先は、アウラニのディズニーホテルです。

とはいえ、ハワイに到着する前にまず大変なのは

  • 荷造り
  • 家から空港までの移動
  • 空港での時間つぶし
  • 機内で7時間!

ですよね。イヤイヤ期まっさかりの2歳と、まだ何にも分かってない0歳児連れで本当に旅行できるのか、当日まで不安でした。

そうる
まあなんとかなったよ!

なんとかなったけど、いろいろ大変だったところもありました!

こんな人におすすめ

●子連れで長時間フライトを計画している

●子連れハワイ旅行の荷物の中身を知りたい

●成田空港で子供が時間をつぶせる場所を知りたい

荷物の構成

今回、どういう鞄にどういう荷物を入れるのか。

何を預け荷物にして、何を機内に持ち込むのか、とてもとても考えました。

更に、全ての荷物を持っている状態でも親の機動力を確保しておかないと、すぐに飛び出したり走り出す息子に対処できません。

そうして悩んだ結果。

スーツケースは1つ!

にしました。スーツケースを増やすと、スーツケースの数だけ大人の腕が必要になるので、我が家は1つしか持って行けないと判断しました。

中型といわれる、70Lくらいのものです。此処に、子供二人のオムツ(これが一番嵩張る)と、夫婦の服と、家族の水遊び用の準備物、洗面セット、食べなれた子供のお菓子、変圧器、常備薬等、いろいろ雑多なものを入れました。

ハワイで海やプールで遊ぶために、日本から準備していった物はこちらにまとめました。

ハワイで0歳&2歳の子供とプールで水遊び! 日本で準備したものリスト

続きを見る

そうる
オムツは全部で5種類持って行きました!

通常オムツ×2種類、

水遊びオムツ×2種類、

息子の夜用おやすみマン、です。

ズバリ、トランクの半分はオムツでした!

トランクの上にボストンバッグを固定

そのトランクの上に、ボストンバッグを固定しました。

トランクの持ち手に通すためのループが付いているボストンバックにしたので、片手でトランクとボストンバッグを両方操作できます。

雑誌の付録(SPRiNG 2019年9月号)に付いていたバッグなんですが、これがとても大きいし丈夫だしで、この旅行中はとても重宝しました!

そうる
付録あなどりがたし…!

1,000円で購入したとは思えません。

荷物の全容

スーツケースとボストンバッグは一心同体

トランクを大きなサイズにせず、その上にボストンバッグを置いたのは、

  • その方が全体の重量が軽いから
  • ボストンバッグなら、どこでも荷物の出し入れが簡単にできるから

という理由があります。

このボストンバッグには、子供たちの服を入れて預け荷物にしました。

今回荷造りするにあたって、何度も入れたり出したりを繰り返しながら、家族全員の服・オムツ・洗面用品・水遊びグッズのすべてがこのスーツケースとボストンバッグ、2つの鞄に入るように厳選しました。

もし、ハワイで滞在するホテルに洗濯乾燥機があれば、持って行く服はだいぶ少なくて済みます。

私は、本当は旅行中は1回も洗濯しないでも済むようにたくさんの衣服を持って行きたかったのですが、入りませんでした。子供たちには予備の着換えが必要だし、更にもしかしたら子供たちが吐いたり汚したりするかもしれないので、親の着替えも予備が必要です。

そのため、トップスやボトムスの予備を入れる代わりに下着類を減らし、ホテルで手洗い洗濯する気でいましたが、結局ホテルの部屋に洗濯乾燥機がありました。

アウラニディズニーのワンベッドルームに宿泊!充実の家具家電リスト

続きを見る

その上、Tシャツなら大人用も子供用も現地でいくらでも調達できる(ホテルの売店にもお土産として売ってるし、日用品を売っているABCマートにもお土産として売ってました)ので、予備を持って行かなくてもよかったな…と思いました。

さらに、滞在中にアウトレットに行く予定がありましたから、どうせ服は購入するんです。オムツは使い慣れた物が良いから多めに必要ですが、服は少なくてもなんとかなりました。

↓アウトレットについてはこちらに書きました。

子供と一緒に楽しめるアウラニ周辺のスポット3つ! ディズニーだけじゃない魅力を大紹介

続きを見る

ちゃんと下調べすればよかったです。。。

持ち込み手荷物①リュック

一つ目の機内持ち込み荷物は、リュックです。普段のお出かけ荷物がそのまま入っています。

  • ミルクセット
  • オムツポーチ
  • 着替え1組
  • いつものおやつやバナナ
  • 機内が寒かった時のための上着

ミルクを作るための水・お湯は保安検査場で申告すればそのまま機内まで持ち込めるので、気にせずにいつも通りの準備で大丈夫。

更に国際線と言えど、食べ物もバナナ・せんべい等いろいろ持ち込めるので、これらも機内食を食べなかった時のために多めに詰めました。

そうる
離乳食の子は、レトルトのパウチや弁当なんかも持ち込みできますよ!

そのため、リュックはいつもよりパンパンになりました。

持ち込み手荷物②これもリュック

リュックがもうひとつ!

親の両手が空けられる、機動力が維持できる!という利点で、子連れ旅はリュックが最高です。

こちらには、機内でできるだけ穏便・快適に過ごしてもらうための、息子のためだけのグッズをいろいろ詰めました。

2歳の子供と国際線飛行機に乗るときに、我が家が準備したもの

続きを見る

そうる
本当にいろいろ詰めました…!

この記事を見てもらえるとわかるのですが、息子はトーマスが大好きなので、トーマスのグッズばかり持って行ってしまいました。今思えば、アウラニでミッキーに会った時にもっとテンションが上がるように、ミッキーグッズも何か持って行けばよかったです。

他に、大人用のアイマスクや、空気を入れて使う枕も入れました。

ベビーカー

娘の腰がまだ据わっていなかったので、大きなA型ベビーカーを持って行きました。

ですが、娘は基本は抱っこ紐にinして夫が抱っこしていたので、人混みで息子を乗せたり、荷物を載せたりしていた時間の方が長かったです。

すぐに走りだして迷子になりそうな2歳児(息子のことですよ!)に常にかかりっきり!というわけにはいかないので、大変嵩張りますがベビーカーはマストでした。

他の預け荷物と一緒にチェックインカウンターで預けてもいいし、搭乗口まで持って行き、いざ搭乗する時に添乗員さんに預けることもできます。

抱っこ紐・ポルパン

娘のための抱っこ紐は夫が標準装備。

息子のためのポルパンは私が標準装備していました。

ポルパンは、腰に巻いておけばとても抱っこしやすくなるありがたいグッズです。

これらも、機内に持ち込みします。

貴重品が入ってるポシェット

一番大事な、貴重品が入っているポシェットです。

財布・パスポート・搭乗券・スマホ・飲みかけのジュース・子供の気を引くちょっとしたおもちゃ・ハンカチ・さっき鼻をかんだティッシュのゴミ・リップ…等何でも入っています。

これは私が標準装備します。

荷物の分担をまとめてみる

以上が、子連れハワイ旅行のために準備した荷物のすべてです。

さあ、これらを大人2人で分担して持ちます。

【夫の装備品】

・抱っこ紐(娘をin)

・リュック1つ

・スーツケースとボストンバッグ (右手)

・ベビーカー (左手)

【私の装備品】

・ポルパン(息子を抱っこ)

・リュック1つ

・ポシェットに貴重品

が基本のフォーメーションでした。

息子をベビーカーに乗せる時は、私がベビーカーを押していました。

ただ、息子が手をつないで歩いてくれる時は私もスーツケースを押しましたし、臨機応変な感じもありました。

そして成田空港にいる間は、こちらのカートを使って荷物を全部乗せておくのが一番楽でした。

空港ではこうなるよね

息子が乗るとベビーカーが乗らなかった…涙

そうる
息子も乗ってますが、怪我には注意です!

成田空港で子供を遊ばせられる場所

成田空港で子供を遊ばせられる場所は、3つありました。

1. 展望デッキ

第1ターミナル・第2ターミナル共に、広い展望デッキがあります。(公式サイト)

もし子供が飛行機の離着陸に興味が無くても、すみっこの人気の少ないところならおもいっきり走り回って遊べるので、日がある明るいうちに行っておくと、子供の体力を消耗させることができます。

2. 展望デッキと同じフロアにあるキッズスペース

こちらも第1ターミナルなら5階、第2ターミナルなら4階、展望デッキと同じフロアにキッズスペースがあります。

ただ、正直広くはないです。展望デッキを歩かせるのは抵抗があるような、よちよち歩きの赤ちゃんだったら、このキッズスペースで少し遊ぶと良い感じの運動になるかと。

またキッズスペースじゃなくても、展望デッキのフロアは人も少ないので、時間が空いてしまったらとりあえず展望フロアに行くのが良いと思います。

3. 第1ターミナルの4階、マクドナルドの前

第1ターミナルの4階はレストランやショップがずらりと並んでおり、その中のマクドナルドの前にはベンチがいくつか置いてあります。

本来はちょっと座って休憩できるスペースになのですが、そのベンチの中の一つが、ベンチと言うより遊具のようになっているのです。

私が行ったときは子供たちが5人ほど、そのベンチを上ったり渡ったりして遊んでいました。

息子もその中に混じって楽しそうに体を動かしていました。周辺にたくさんショップがあるので、親が交代で子供を見ながら買い物や両替等の用事を済ませることができます。

保安検査場を通ると、もう体を動かす場所は無い

以上のように、保安検査場を通る前はいろいろと体を動かす方法があるのですが、通った後は、もう子供がのびのびと体を動かすことは難しいです。

搭乗ゲート・免税店・レストラン・トイレくらいしかありません。

私は時間に余裕を持ちたいと思って早めに保安検査場を通った結果、時間を持て余してしまい、息子は動く歩道を大はしゃぎで走り回り、危ないわ通行人の邪魔になるわで、やめてほしくて怒ったら今度は機嫌を損ねて泣くし…でちょっと大変でした。

とはいえ、搭乗する前にオムツを替えたりトイレで着換えさせたり、と子供だからこそ準備しておきたいこともあるので、時間の配分が難しいです。

保安検査場の混み具合も日によって異なりますが、時間に余裕を持たせることだけを考えず、もっと搭乗までの時間配分をバランスよく考えるべきだったなと反省しています。

まとめ

以上、2歳と0歳を連れた子連れハワイ旅行の荷造りと、成田空港での出発までの過ごし方でした。

特に空港での過ごし方は反省点も多いですが、子供の成長に連れて空港での過ごし方は変わってくるので、万全に計画しておくのは難しいいです。

もしこれから成田空港を使って子連れ旅行に行かれる方がいましたら、少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事に出てきた他の記事

ハワイで0歳&2歳の子供とプールで水遊び! 日本で準備したものリスト

続きを見る

アウラニディズニーのワンベッドルームに宿泊!充実の家具家電リスト

続きを見る

子供と一緒に楽しめるアウラニ周辺のスポット3つ! ディズニーだけじゃない魅力を大紹介

続きを見る

2歳の子供と国際線飛行機に乗るときに、我が家が準備したもの

続きを見る




- - - 応援クリックして頂けると、やる気が100倍になります!
にほんブログ村 子育てブログへ

- - - 更新情報+日常のいろいろを呟いてます。
ゼヒ絡んでください。お待ちしてます!

-ハワイ旅行
-, ,

Copyright© はぴまる放題 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.