DWE

DWE(ディズニー英語システム)フルパッケージ到着! 初日は開封だけで4時間以上かかります…

2019-11-09

昨日、DWE(ディズニー英語システム)フルパッケージが我が家に到着しました。

フルパッケージともなると、教材が入った大きな箱が5箱+棚が入っている箱で、合計6箱がヤマト便で届きます。どの箱も大きいので、届くと一瞬で玄関が埋まります。

さてこの日。タイミングよく夫が休みだったので、午前中はこの棚を設置するために模様替えをしたり掃除をしたりして、いよいよ12時半くらいに2人で開封開始です。

4時間後の完成形!

6箱を開封する順番

まずは棚を組み立てないと!! という意欲が強いので早速棚の箱から開けたくなるのですが、その前に。「この箱から開けてください」と大きく書いてある教材の箱があるので、棚はぐっと我慢してそちらの箱から開けます。

そうすると、白くてきれいな1冊のバインダーが入っています。

これに、今回の契約内容の再確認や、棚を組み立てた後にどこにどの教材を入れるかの図解、またどの教材が交換保証の対象であるか、等の説明書きがいろいろ入っています。まずはこのファイルをぺらぺら~とチェックして、特に問題なければ、いよいよ棚に取り掛かります。

DWEの専用棚

この棚。しっかりしているしデザインもミッキーでとてもかわいいんですが、なんせ重い

大人2人で組み立てに30分くらいかかりました。でもドライバーやトンカチ等の工具は何一つ必要なく、重い棚を持ち上げたり移動させたりする以外はとても簡単に組み立てられました。この棚を作って予定していた場所に設置したら、いよいよ教材を詰めていきます。

5箱分の教材たち

CDも、ブルーレイも、カードも、なにもかも綺麗にビニールで梱包されているので、その梱包を解いていくのにものすごく時間がかかります。

また、全ての教材が段ボールの中にたっぷりと緩衝材を使って詰められているので、その緩衝材を取り出してゴミ袋に詰めていくのもなかなかやっかいです。

つまり、この教材を専用棚に詰めていく作業が一番時間がかかります。最初からすべての教材を使うわけではないので、ついビニールのまま棚に入れたくなりますが、「今ビニールを剥がなかったら一生このまま使わないかもしれない…」という謎の強迫観念に取りつかれ、全ての教材のビニールを剥がしました。

充電が必要なものは充電する

上記のように私がせっせせっせと狂気のようにビニールを剥いでいる間、夫は充電周りの整理をしていました。

  • ミッキーメイト(ブルーレイのプレイヤー)
  • トークアロングの機械
  • ミッキーとミニーのマジックペン

と、充電が必要なものがいくつかあるんですよね。これらを、できれば専用棚の近くで手軽に充電できるように、延長ケーブルを用意したりコンセント周りの整理をしたり、ついでに適当なブルーレイを再生してみて作業BGMにしたり…というようなことをしていました。

また、CDはミッキーメイトとは別にもっと手軽に聞き流しできた方が便利そうなので、おいおいiPhoneにデータを転送しようかと考えています。そうしたら自宅のスピーカーと無線で接続しようかな。

ゴミの量がえげつない

ここまで読んでいただけたら容易に想像できると思いますが、この開封作業で生じるゴミの量がえげつないです。段ボールと、ビニールゴミ。特に段ボールは、外箱の段ボールの中に大量の緩衝材が段ボールで入っているので、教材を取り出すと見た目の倍以上の段ボールゴミが出ます。

可能なら、これらのゴミを翌日早朝に捨てられるようなスケジュールで教材の到着日を指定できると、長い時間をかけて一生懸命組み立てたら、次のゴミの日まで家がゴミだらけ…ということにならずに済みます。教材の到着日と時間は、契約時に指定することができます~。

いよいよ教材スタート!

さあここまで来たら、いよいよ教材スタートです。

とはいえ、うちの息子はまだ2歳。娘も0歳なので、水色のパッケージのプレイアロングからはじめるのかな。

CAPのレポート課題やファースト・ステップ等、まず親が仕組みを理解していくべきものが多いので、整理と備忘を兼ねて記録できればと思います。

なにはともあれ、2019年11月8日、DWEスタートです!




- - - この記事がお役に立ちましたら、
クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

- - - ブログの更新情報+日常のいろいろを呟いてます。
私とママ友になってくれませんか?

-DWE
-,

Copyright© はぴまる放題 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.