ハワイ

スーツケースも変圧器もレンタル!買わずに借りてお得に海外旅行◎

2019-11-25

海外旅行に行く時はレンタル

海外旅行って、飛行機やホテル代だけでなく、現地での滞在費やお土産代など、どうしても出費がかさみますよね。

海外旅行の楽しみは減らさずに、でも節約できるところは節約したい

海外旅行の節約の選択肢として、レンタルはいかがですか。

レンタルなら保管場所も必要ないし、購入するよりは値段も安い。

もし海外旅行が数年に一度なら、レンタルの方がお得かもしれません。

スーツケースをレンタルしよう

旅行の準備として、まず思い浮かぶのがスーツケースです。

私も先日、家族4人で3泊5日のハワイ旅行に行きましたが、手持ちのスーツケースでは容量が足らず、新しく大きなものを購入しました。

購入したのは、アウトレット等でも見かけるスーツケースの大手専門店ACEの25,000円程度の物。

海外旅行だけでなく、帰省や国内旅行等でも幅広く使おうと思って買いましたが、正直に言うと、

そうる
家の中ですごく場所取る…!

んですよね。

普段、季節が異なる服などを入れて収納BOXとして使ってしまうと、いざ旅行に行く時、荷造りする前にまずスーツケースの中身を出す、というひと手間が発生してしまいます。(そして出した服と荷造りしたい衣服が混ざり、更に子供がそれらで遊んだりして阿鼻叫喚の地獄絵図になる)

なので、今はなんとか空のまま置いてるのですが、国内旅行や帰省に使ったとしても年に数回しか出番がないスーツケース。レンタルでも良かったな…と正直思っています。

私が購入したのと同じブランド、ほぼ同じ大きさのスーツケースを1週間レンタルして、送料込み6,000円だそうです。

4回使ったら元が取れますが、手入れや収納スペースを考えるとレンタル良いなあと思っています。

そうる
他のサイズが使いたいときはレンタルする!

ちなみに、コチラ でもスーツケースをレンタルできます。

 

変圧器と変換プラグをレンタルしよう

国内旅行では要らないけれど、海外旅行だと必要になるのが変圧器です。

日本の家庭用電圧は100Vですが、海外では120Vや240Vなどの国や地域が多く、日本の電化製品をそのまま使うことができないケースがあります。

今はスマートフォンやタブレット等、世界各国で使用できるタイプの電化製品も増えていますが(本体に"100-240V"等と表記されていれば使えます)、ドライヤーや血圧計等、普段使い慣れた電化製品を持って行く場合があれば、変圧器を使った方が安心です。

更に、日本のコンセントはAタイプと言われる二つ穴の形をしていますが、これも海外では異なる形をしていることが多く、こちらはコンセントの形を変える「変換プラグ」が必要です。

渡航先の電圧やプラグの形は、ガイドブック等にも書いてありますし、インターネットですぐに調べることもできます。

この変圧器と変換プラグ。購入すると3,000-4,000円程するのですが、これもコチラ で借りると、約半額くらいに抑えることができます。

 

モバイルバッテリーをレンタルしよう

LCC等の格安航空券で海外に行く、また現地で国内線に乗り換える等の予定がある場合は、モバイルバッテリーを持って行った方が良いかもしれません。

飛行機で各座席にUSBポートが付いていないことがあます。長時間のフライト中に読書や映画鑑賞をしていると、すぐに電池が無くなります。

私も2019年にユナイテッド航空で成田からハワイへ行きましたが、行きはUSBポートが無く、でも帰りはありました。

そうる
往復で違ったんです…こんなこともある!

購入しても2,000円程度ですが、コチラ の場合、まとめ借りすることで、数百円で借りれる場合があるようです。

 

ペット用自動エサやり機をレンタルしよう

我が家には柴犬が2匹いるのですが、海外旅行に行く時はペットホテルに預けています。

そうる
でもペットホテルは高いんですよね…

そして2匹いるので、どうしても2倍のお値段がかかります。涙。

なので、もし信頼できる人やペットシッターさんが近くに住んでいて、お散歩やトイレの掃除を引き受けてくれるなら、その方がお値段も安く、また犬や猫たちに与えるストレスを少なくできるかもしれません。

こちらのエサやり機は、買うと16,000円くらいするものを、コチラ だと2週間4,500円くらいで借りられます。

事前に借りておいて使い勝手を試しておけば、実際の旅行中も問題なく使えそうです。

軽量ベビーカーをレンタルしよう

子供連れで海外旅行に行く時、ベビーカーを持参するかどうか悩みませんか?

もう殆ど歩いてくれる子なら持って行かなくていいし、0歳児1歳児なら悩むことなくベビーカーは必要ですが、2-3歳くらいだと悩みます。

そういう時に、手持ちが新生児から使える大きなA型ベビーカーしかないのであれば、軽量なB型ベビーカーをレンタルする、という手もあります。

購入すると2万円程度するものを、コチラ で4,500円程度で借りることができそうです。

まとめ

これまで海外旅行と言えばWi-Fiのレンタル、と思っていましたが、今はいろいろなものをレンタルできるようになりました。

「短期間しか使わない高価なもの」は何でもレンタルできる世の中になったのですね。。。

そうる
シェアサービスってやつだね!

他にも一眼レフカメラやビデオカメラもレンタルできますし、動画を入れておくと子供が喜ぶiPadなど、さまざまなものがラインナップされています。

これ必要だから買おうかな、と思う前に、一度立ち止まってレンタルを考える、という癖を付けないともったいないなぁと思いました。

ハワイの旅行記はこちら

2歳の子供と国際線飛行機に乗るときに、我が家が準備したもの

続きを見る

ハワイで0歳&2歳の子供とプールで水遊び! 日本で準備したものリスト

続きを見る

マイルとタイムシェアを駆使して家族でお得にハワイ旅行! 旅費全部見せます

続きを見る

 




- - - この記事がお役に立ちましたら、
クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

- - - ブログの更新情報+日常のいろいろを呟いてます。
私とママ友になってくれませんか?

-ハワイ
-, , ,

Copyright© はぴまる放題 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.