秩父 車・鉄道・飛行機

子供と一緒にSL(蒸気機関車)!都心から一番近い、秩父のSLパレオエクスプレスに乗ってきた

2019-11-05

2019年8月、埼玉の秩父でSLに乗ってきました。

資料館や公園に展示しているSLではなく、ちゃんと石炭と水で走る「動くSL」です!!

私が行ったときは、ガリガリ君コラボverでした!

関東近郊で乗れるSLはいくつかありますが、埼玉の秩父は東京に最も近いのではないか!と思います。実際に公式HPでも、「都心から一番近い!」と謳っています。

しかも秩父は、温泉旅館やフルーツ狩りが楽しめる観光地でもあります。ということで、私も温泉旅行のプランにSL乗車を組み込み、1歳10ヶ月の息子のご機嫌を大いに取ることに成功しました。

正式名称「SLパレオエクスプレス」

秩父鉄道で、毎年3月~12月の土日祝日を中心に運航しているのが、この「SLパレオエクスプレス」です。私が行ったのは8月の上旬。お盆に被っていないとはいえ夏休み期間だったので、満席で乗れないのは困る…と思い、事前にWEB予約しました。

2019年の運行は2019年12月8日まで。また、2020年はSLの全般検査を予定しているので運行は無し、ということですので、東京近郊でお手軽にSLに乗りたい、子供をSLに乗せてあげたい!と思っている場合はこの秋が最終シーズンになっています。(詳細やWEB予約は公式HPであるコチラから)

1歳の子連れ流!SLパレオエクスプレスの楽しみ方

SLパレオエクスプレスは、埼玉県の熊谷駅から終点の三峰駅まで運行しています。始発から終点まで乗ると、約2時間40分かかります。のんびりとSLの旅を楽しむのもいいのですが、2歳前の息子がそんなにおとなしくしているのは無理だと思い、私は途中の秩父駅から、終点の三峰駅まで乗車しました。

客車もレトロなレンガ色です

これなら片道30分強なので、子供も飽きずに楽しむことができます。またSLパレオエクスプレスは、先頭のSLだけでなく、引いている客車の外装・内装もレトロでかわいく、座っているだけでも楽しめます。

また、走行中に係員さんがお土産を売りに来たり、線路脇でSLの写真や動画を撮る人やSLに向かって手を振ってくれる人がたくさんいて、息子は物珍しい田舎の風景と共にそういった人たちに手を振り返したりして、全然飽きずにSLの旅を満喫していました。

更に、終点の三峰駅では、到着から約1時間後に折り返しのSLパレオエクスプレスが出発するので、帰りも同じ道をSLで帰ることができます。

1時間待っている間に、転車台でSLの車体が回転する様子や、水を補給しているところを見学できるだけでなく、すぐ近くに寄ってSLパレオエクスプレスと記念写真を撮ったり、運転席を間近から覗くことができます。

運転席。かっこいいぃぃぃ!!

このSLパレオエクスプレスは、ものすごくかっこいいロマンあふれる半生を送っています。

「C58 363」という機体ナンバーのこの機関車、まず1944年に製造され、旧国鉄(昔のJR)の車両として東北地方を走っていました。そうして約30年運行した後、1972年に現役を引退。その後は小学校の校庭に展示されていたそうですが、1988年に開催されたさいたま博覧会に合わせて修理され、16年ぶりに現役復帰。その後は秩父鉄道の観光の顔として走り続け、2018年に運行30周年を達成。旧国鉄時代と合わせると約60年もの間走行している歴史ある蒸気機関車です。

すごいですよね…60年ですよ!!

こういった機体の背景を踏まえたうえで運転席を見学すると、全体のすすけて真っ黒な様子や、吊り下げられている時刻表、綺麗に掃除されているたくさんのバルブやレバーなんかが、とてもとてもかっこよく見えてきます!!

さて、このSLパレオエクスプレスの乗車料金は、秩父~三峰駅間の約30分で大人1人790円です。(SL代と乗車券の合算)

またSLの中は冷暖房が効いているうえ、座って一息つくことができます。これが、暑い夏や肌寒い季節に旅行している場合、丁度良い休憩の時間になります。(私が行ったのは夏だったので、私は息子と一緒に車内でアイスを食べました。アイスは、係員の人がワゴンで売りに来てくれました~)

SLパレオエクスプレスはお土産も楽しい

SLパレオエクスプレスは乗車中、お茶やアイス等の軽食だけでなく、様々なお土産もワゴンで販売に来てくれます。

その中で、息子にと購入したのがこちらの「SL C58くんでGO!」。係員さんが、一番人気だとオススメしてくれたものです。

子どもの手に握りやすい、プラレールくらいの大きさです

こちら、電池を入れるわけでもプルバック方式でもないのですが、自力で走行します。蒸気機関車部分と客車部分が紐で繋がっており、片方ずつ持って引っ張って紐を伸ばした状態で平らな机等に置くと、自動で紐が巻き戻って同時にネジが巻かれ、ぴゅうっと結構な速さで走ります。

説明が分かりずらくて申し訳ないのですが、息子は喜んでおおはまり。旅行から3か月たった今も時々出してきて遊んでいます。

また観光地なだけあって、途中途中の駅でスタンプラリーがあったり、切符が残しておきたくなるくらい素敵なデザインだったりと、様々な面からSL乗車を楽しむことができます。

2020年は運行しない、SLパレオエクスプレス

毎年、夏休みや大型連休時には男の子を中心に大人気のSLパレオエクスプレスですが、点検のため2020年は運行しないことが発表されています。

切符も素敵。このわくわくチケットは、乗車券とSL料金が両方含まれています

息子は今2歳になりましたが、新幹線よりもSLの方が好きで、プラレールで遊ぶときはSLを手に取り、絵本を見る時もよくSLを指差して遊んでいます。はじめて乗ったSLパレオエクスプレスの、あの独特の振動や存在感に圧倒され、「かっこいい!!」と思ったようです。そういえば、この時くらいから「機関車トーマス」もどんどん大好きになりました。

なかなか動いている昔ながらのSLに乗ることは難しいので、2019年にタイミングよく家族で乗ることができ、また息子の思い出に残すことができて本当に良かったなあと思っています。


↑こちらが、今回の秩父旅行でお世話になったお宿です

都心近郊でSLに乗ってみたい、と少しでも思っている方は、是非秩父鉄道のSLパレオエクスプレスへ! オススメです!!




- - - この記事がお役に立ちましたら、
クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

- - - ブログの更新情報+日常のいろいろを呟いてます。
私とママ友になってくれませんか?

-秩父, 車・鉄道・飛行機
-, , , ,

Copyright© はぴまる放題 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.